「近所のおじさん」が語る組織の理想

更新日:9月11日

こんにちは

亮太郎です。

今回は”Adovoのメンバー”としてではなくて、”近所のおじさん”として投稿していきます。

例の”近所のおじさん”の話ですが、別記事*¹ではガタイが良いだの野太い声だの書いてありますがそんなことはありません。で、確かに色々提言してます。

(※近所のおじさんの話はこちらから)

松岡柊吾 NPO団体Adovo

が、その割に責任をあまり負いません。

というか責任を負わないからこそ色々言えます。

ある種の自分勝手な言動になるわけですが、じゃあしっかり周りを見ることができる人が色々提言すればいいんじゃないと言われるとそれも少し違う気がします。

もちろんしっかり周りを見ることができる人・自分に甘くない人が言うことには説得力があるし、そういう人に何か言われたらその通り実行するでしょう。でも集団においてそういう人って結構上の立場にいますよね。大抵。

つまり責任を負う立場な訳です。

でも責任を負うようになると委縮してしまいがちでしょう。

委縮しない人は本当に凄い人です。

その時に集団の考え方に新風を吹かすのは言わば組織の末端にいる人かもしれません。

だから組織の上層部の方々はたまにでいいから幹部以外の声も聞いてください。

聞いて頭の片隅に入れとくだけで組織が変わる可能性は格段に上がります。

聞いておけば案外頭に残るもんです。

一番まずいのは端から受け付けないこと。

組織の退化の原因にだってなり得ます。

逆に末端部にいる皆々様、ちょっと身勝手な人(ここではいい意味です)は無理くせえなと思う事・くだらなすぎて自分でも笑っちゃうようなことを組織内の誰かに言ってみて。

それ自体は何もなくても、誰かが貴方の独創性に気付けば後々損はしないはずです。

僕たちAdovoだって、これができてるわけじゃありません。

むしろできていない。

だからこそ、自分たちのマインドに、「全員主役、全員チーフ」ということを書いてます。

こんな環境を僕たちも作りたいんです。

日本の社会が旧態依然と言われる要因はここにあり。(というテ☆ン☆プ☆レ) だけど学生だからこんなこと言えるんです。

かなりムズイことを書いているのは百も承知です。ま、頭の片隅に置いといてください。

7回の閲覧0件のコメント