インド旅行記 デリー&アーグラ編

更新日:9月11日

 前回に引き続き、1年半ほど前に家族と行ったインドについてお話しします。前回はバラナシについて深掘りしているので、良ければそちらもご覧ください。今回はアーグラ・デリーについての治安などとインド旅行全体のお土産についてです。アーグラ・デリーはバラナシに比べて雰囲気などが似ているため、まとめてお話しします。


[アーグラ]

 アーグラのメインはなんと言ってもタージ・マハルです。タージ・マハルの周辺ではそれ関連のお土産がずらりと並びます。いわゆる置物や、キーホルダーがほとんどです。そういうお土産はゴミになると考える冷めた私は買わないつもりでした。しかし、タージ・マハルを見ると、その大きさや美しさに興奮してしまって、そのテンションのままお土産を購入してしまいました。後にも先にも置物を買ったのはこの時だけです。  どれくらい大きいかと言うと、上の写真のタージマハルの下の方に写っている黒いつぶつぶが人です。どれほど凄まじいか伝わりましたでしょうか?

おまけ;アーグラの近くのジャイプールにある風の宮殿にも行きました。あそこが好きな方が居たら申し訳ないんですが、個人的には「宮殿?壁じゃなくて?」と言う感じです。そこで何人かのインド人の女の子に「写真一緒に撮ってもいいですか?」と言われました。外国人が珍しい&アジア人の女の子の方が話しかけやすいらしいです。芸能人になったみたいで、嬉しかったです。↓写真写りが悪いのでちょっと隠しました笑






[デリー]

 インドの首都デリーは、当たり前というかなんと言うか、インドで訪れた街の中で1番近代化が進んでいました。牛も少なかったです(それでもいないわけではない事に驚きですが)。またデリーでのみサリーを着ていない現地女性を見かけました。スターバックスやマクドナルドなども見かけましたが、2週間滞在して金銭感覚がしっかりインドに馴染んでしまった私にはとても高価に見えてしまって、購入出来ませんでした。


[雰囲気]

 バラナシに比べると、大分近代的な街並みが目立ちました。が、さながら先進国!というレベルではなかったです。車・バイクが多いので空気がとても汚かったです。だからでしょうか、街全体の豊かさは大差ないように見えるのに、路上生活者の数はバラナシの半分ほどでした(バラナシの街の中には車が入れません)。もう少し具体的に言うと、周囲をざっくり見回して目につく人の数が10人くらいと言うところです。


[治安]

飛行機場やショッピングモール等の中であれば日本と同程度の安心感で過ごす事が出来ました。外では詐欺とスリ、誘拐に注意しました。当時中学2年生だった私は決して1人にならないようにしました。当たり前のように聞こえますか?ですがここでの「1人にならない」は同じ店内にいても適用されます。家族全員が同じ店にいても、1人で見て回ることはありませんでした。


[その他]

 どの枠にも微妙に入れられなかったお話をここでします。  まず、飛行機の乗り換えです。バラナシに行くために日本からの直行便が無かったので、デリーで飛行機を乗り換えました。その乗り換え方がなんと徒歩だったのです。日本から乗ってきた飛行機から下ろされて、そこそこ遠い場所に泊まっていた飛行機を指さされて、そこに行くように言われました。飛行機場をあんなに歩いたのは初めてです。それも6時間飛行機に乗った後なので、本当に驚きました。  ここまでの話で何となく察している方もいらっしゃるかもしれませんが、私達は個人旅行でインドに行きました。ツアーなどには乗らずに、全て自分達で手配しました(正確には私の両親が)。そして、これはとても珍しいらしいです。途中の観光地で日本人のツアー観光客と会ったのですが、とても驚かれました。そして「ああ!インドに住んでいるのね!」と言われました。日本在住です、すみません。


[お土産]

すごい字数になったので、第三部にしてしまうか悩みましたが、前回予告していたので話してしまいます。まず、インドの物価はとても安いです。15円でチャパティというナンもどきのようなパンを購入する事が出来ます。タクシーを1日チャーターしても5000円程度です。そんな中私はたくさんのお土産を購入しました。今回はバングルと石彫りのペン立てを紹介します。  バングルは有名ですよね。あの腕輪です。シンプルなもので0.5円位から購入出来ます。高いもので100円くらいです。ただ、強度は期待出来ません。付けようとしたら割れる物まであります。でも、インドらしいですし何より安いので私は大量に購入しました。  石彫りのペン立てはバラナシでたまたまお店を見つけて購入しました。そこの主人が彫ったもののようで、他の場所では見ませんでした。細かい装飾が施されていて、インドにしては高い750円でした。(インドのホテルで一泊できるくらい)


[最後に]

 私はインドで多くの経験をしました。インドだけで合計3000字ほども語ったのに、まだ足りない位です。今度、第三部を出すかもしれません。インドで得た経験と『脱プラスチックへの挑戦』という本を読んで感じた事をまとめた作文がコンクールで最優秀賞に選ばれましたので、よかったらそちらも読んでください(ちゃっかり宣伝)  https://kuniccyume.exblog.jp/240661667/

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示